サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps

Updated: 05.07.2016 : 02:25  By: Thitiporn

サテライトオフィス・ドキュメント管理  for Google Apps

※アプリケーションは、限定メンバーでの評価&事前テストが可能です!

『サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps』とは、Google Appsとシームレスに動く、クラウド環境のドキュメント管理機能(ワークフロー付)になります。

(1)Google Appsと同じ環境で動くドキュメント管理機能(クラウド上で稼働するドキュメント管理機能でPC・スマートフォンからでも閲覧・操作が可能)
(2)Google サイト上で運用が可能(Googleサイトのガジェットで提供)
(3)多種多様な高度なドキュメント管理機能(ワークフロー内蔵)が可能。
(4)バージョン管理、アクセス管理、公開日管理、リッチテキスト、全文検索、未読/既読管理、ビュー&フォーム&ショートカットリンク・・ 
(5) ノーツからの移行ツールもご用意! + Googleサイトデータの移行ツールもご用意! 

今後も強く機能追加していきますので、御要望ください! 

サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps は、Google Apps Marketplaceから簡単に追加可能です。
Google App Engineで構築しています。欲しい機能がありましたら、お気軽にご連絡ください→ご要望フォーム

・ドキュメント管理機能(添付ファイル、入力フォーム形式等)
・入力フォーム機能(テキストフィールド、リッチテキストフィールド、リンク機能、日付フィールド、ラジオボタン、オプションボタン、
 入力マスター管理機能、添付ファイル)→無制限に作成可能
・(New)入力フォーム作成ビルダー(入力フォームの画面をGUIで作成する事が可能)※デモ動画はこちら(音声なし)
・(New)承認ルート作成ビルダー(ワークフローの承認ルートをGUIで作成する事が可能)※デモ動画はこちら(音声あり)
・一覧ビュー機能(カテゴリー毎、文書種別毎に、表示ビュー項目を設定できる!)
・フィールド毎の閲覧/編集権限機能
・リッチテキストフィールド機能(画像、太い文字、文字サイズ、色など可能)
・添付ファイル機能(Google App Engine内に保存)→(New)ドラッグ&ドロップにて添付可能。1ファイル200MBまで、複数可!
・ショートカットリンク機能(ノーツでおなじみ機能:文書間リンク機能)
・リッチテキスト内に、添付ファイル埋込みアイコン表示(ノーツでおなじみ機能)
・フォルダー機能(ツリー型のフォルダーを実現)
・ラベル機能(複数のラベルを貼ることが可能。文書種別)
・(New)お気に入り&スター機能
・(New)いいね!機能
・(New)What'sNewマーク表示、一覧での添付ファイルあり表示
・入力マスター管理機能
・アクセス権限管理(フォルダー毎にアクセス権限可能。文書種別にアクセス権限可能)
  ※公開前権限、公開後権限 / 新規登録、変更(改訂)、削除、閲覧、ダウンロードの権限付与
・アクセスログ(閲覧、新規作成、更新、削除、ダウンロードログが取得可能)
※1年間保存、それ以上要相談
・未読/既読管理機能
・(New)一括で未読/既読に変更可能
・公開日管理機能(公開日を指定することが可能)
・バージョン管理機能(バージョン№管理+変更理由の保存が可能)
・全文検索機能(全文の文字検索が可能)
・ワークフロー機能(文書を公開する為のワークフローが可能。ISO文書向け等)
 ※申請、承認、公開、差し戻し、保留、下書き保存、コピー新規、代理承認、条件分岐
 ※承認ルート設計、コメント追加、ディスカッション、数字自動計算、自動項目セット機能
 ※グループ承認(全員一致、誰か一人許可)、下書き機能、コピー新規機能
 ※捺印機能、各種入力チェック、自動採番
・ドキュメント廃止申請機能(ドキュメントを廃止する場合もワークフローの実施が可能)
・メールの中に、ドキュメント表示&公開承認機能:クイックビュー機能(ワークフロー時)
・社内掲示板機能(メールで文書のお知らせが可能。閲覧履歴が可能)→掲示板/回覧板機能にて
・回覧板機能(メールで文書のお知らせが可能。閲覧履歴が可能)→掲示板/回覧板機能にて
・(New)ドキュメント文書をダイジェストで一覧表示する機能(文書ダイジェスト表示一覧ガジェット) 
・(New)印刷フォーム設計機能(自由に印刷レイアウトが作成可能) 

・マルチドメイン対応(複数のドメインでも利用可)※有償版のみ
・(New)アプリケーション仮想化機能(同じGoogle Apps 内で、複数の別のドキュメント管理機能を運用可能)
→グループ会社毎、部署毎にドキュメント管理機能を別々で利用可能
・(New)多言語対応(日本語、英語、・・・)※要望があり次第、多言語対応していきます。 
・ノーツデータのアップロード機能 (ノーツのバージョン文書もアップロード可能)
・文書一括アップデート機能(カテゴリー一括変更、ラベル一括変更・・)
・Googleサイトのガジェットでのご提供

・(New)ドキュメント内の日付とGoogleカレンダー連携機能
・(New) 基幹系システム連携EDIツール
・(New)ドキュメント管理フォーム雛形テンプレート詳しイメージはこちら
・(New)ドキュメント管理機能フォーム作成支援サービス(難しいフォームの作成は是非お声がけください!) 
・(New)IPアドレスによる利用制限 例:社内は使わせたいが、社外はNG 
・(New)アップロードファイル:添付ファイルの拡張子による制限 例:pdf/jpgのみ
・(New)Google 翻訳APIを利用した掲示板/回覧板データ翻訳機能(60言語)
・(New)ドキュメント管理データのバックアップツール(HTMLにてバックアップ)
 
(New)添付ファイルのプレビュー機能(Gmailなどで実現しているプレビュー機能) 
・(New)カテゴリーが大量にある場合の高速表示対応オプション(対象のお客様はご連絡ください!)
(New)管理者向け:アプリケーションID単位の文書&レコード数の一覧表示 

(開発中)ドキュメント管理データのAPI公開 
(開発中)入力フォームのマルチ言語対応 

※今後のさらなる拡張(次フェーズ開発)

・ワークフロー承認依頼通知などのリアルタイム通知機能(Gmailの様に、ポップアップで受信お知らせ)
・オフライン機能

 

全文検索、詳細検索が可能
フォルダー毎にビュー機能を実現
公開フォルダーラベル機能を実現

文書間シュートカットリンクが可能
文書内に添付ファイルアイコンを表示
各種フィールドが可能リッチテキストも可能

文書公開認証機能、ワークフロー機能
バージョン管理、公開期間管理

スマートデバイスでも利用可能
入力フォームも自由作成

権限設定もフォルダー毎に、閲覧、新規、更新、削除、ダウンロードなど細かく制御可能

Notesからの移行ツールをご用意!
Notesの様に、システム内に複数のDBの作成が可能